2009年12月12日土曜日

納浩一スペシャルセッション with 渡辺香津美

我が家から歩いて5分のところにGeorge Houseというライブハウスがあります。
年に数回のプロミュージシャンによるライブ以外は、地元のアマチュアバンドのライブがこれまた月に数回あるくらいで、採算を取ることは絶望と思われ、地元でライブを楽しみたいという道楽で運営されているとしか思えないようなライブハウスです。

ここで今夜、ライブを聴きに行きました。

ベース:納浩一(おさむ こういち)
サックス:小池 修
ドラムス:鶴谷智生

plus special guest

ギター:渡辺香津美

恥ずかしながら納浩一というベーシストのことをよく知らないのですが、渡辺香津美が共演するだけの人なので間違いはないだろうと、行くことにしました。

渡辺香津美は私の年代では神様のようなギタリストでした。出てきても偉そうに2~3曲共演してからさっさと舞台裏に引っ込んでしまうのだろうと思ったら大間違い。座長の納浩一氏は私とほぼ同年代で、渡辺香津美に憧れていたそうです。そこで、今回、渡辺香津美とのセッションということであえて渡辺香津美の曲を中心としたセットリストを組んできました。#3, #6とアンコール曲以外は渡辺香津美のレパートリから。

1. Cleapatra's Dream
2. Cokumo Island
3. God Rest Ye Merry Gentlemen
4. Sayonara
5. 遠州つばめ返し

6. 三色の虹
7. Inner Wind
8. Izayoi
9. Kang-Foo
10. ユニコーン

En Norwegian Wood

いやいや、渡辺香津美が「こんなの弾くの何十年ぶり」とか何とか言いながら、弾くこと弾くこと。

エフェクターを上手に使った透明感のあるギターソロもあれば、神業の速弾き、ロックンロールっぽいのも何でもやっちゃう。

もう演奏時間の半分くらいは渡辺香津美のギターが主役でした。

残りのメンバーも渡辺香津美と一緒にセッションができるという喜びが伝わってくるような生き生きとした、それでいてしっかりと一人ひとりが相当の実力があることを示してくれるようなしっかりした演奏を聴かせてくれました。

6千円のカバーチャージはやや痛手でしたが、素晴らしいセッションを高々50名くらいで、ギターのチューニング中アンプを通さなくても音がしっかり聞こえる場所で堪能できたのですから、安いものです。

最高の演奏を聴きながらお酒も飲む、という贅沢も楽しめたし、大満足です。

0 件のコメント: