2008年12月29日月曜日

perfumeにやられちゃいました

他に記録に残すべきイベントが2つあるのですが、何故かこちらを先に書き込みます。

NHKのBS放送で深夜にPerfumeのライブを観ました。ミュージックステーションか何かで見たときに口パクっぽくて何だかインチキ臭い印象があったのですが、ちょっと気になってたので新聞の番組表で見つけたときに即チェックしました。

で、彼女達のライブを観た感想ですが...

やられちゃいました。

楽曲が秀逸ですね。

歌はエフェクトが掛かってて上手下手を云々できる状況じゃないし、容姿がずば抜けて端麗って訳ではないし、踊りは簡単にマネできそうじゃないけどプロダンサーの領域じゃない。

でも、シンプルなリズム+ちょっとスリルのあるコード展開+だけど受け入れやすいメロディラインの楽曲を柱にしてみると、前述の歌とか容姿とか踊りとか心地よく感じられます。
中田ヤスタカという人物が音楽プロデューサーだそうですがすごい才能のある人ですね。これからこの人の音楽活動に注目したいです。

それから、彼女達の(というか殆どあ~ちゃんの)MCを聞いていると、ファンとスタッフに対する感謝の気持ちを忘れない、イイ娘達じゃないですか。(若い人たちが自分の若い頃よりもしっかりした発言をすると妙に感心してしまうのは、年を取った証拠でしょうか)

で、特に、マカロニにやられちゃいました。
今ひとつ「これくらいの感じが多分調度良い」がどんな感じか歌詞が読み取れずにいますが、HDDレコーダに録画したのを繰り返しみてます。

残念ながらPerfumeの楽曲はiTunes Music Storeでは販売されていないようですね。どうやってiPodに入れようかな。貧乏なので大金は出ないけど優れた楽曲は有償で手に入れるべきと考えているのでiTunesにアップされてれば迷わず買うところですが、音楽配信の販売ルートが今ひとつ一本化されていないのは大変残念です。

2008年12月13日土曜日

沖縄(8)

で、羽田に着いても地方に住んでるとそこからの移動も楽ではありません。飛行機に乗っている時間よりも空港からの移動時間の方が長いですから。

ただ、今回は乗り物に乗ることが目的みたいな旅ですから、もうちょっと楽しむ余地が残っていると考えることもできます。


往きは京急でしたが、帰りはモノレールに乗ることにしました。


新国際線ターミナルの建設がたけなわです。


京急との競争のためでしょうか、快速運転が行われてますね。


競馬場の横をかすめて...


運河の上を失踪します。


快速運転の効果でしょうか。あっというまに浜松町が近付いてきました。


着きました。


東京駅付近で少し買い物してから、東京駅から水戸駅行きのバスに乗りました。


お昼近くになっていたので、新丸ビルの地下で売ってた弁当をいただきました。付け合せのクレソンがちょっとウレシイです。


バスだと運転しなくてもいいのがうれしいです。しっかり寝ちゃいました。


水戸市の大工町に着きました。黄門様が迎えてくださいました。

この辺でデジカメが故障し、デジカメは病院送りとなってしまい写真が残ってません。といっても大工町近くの傘屋さんで傘を購入してから電車で日立駅まで戻っただけですが...

いずれにせよ、楽しい一泊二日の旅行でした。
マイル稼ぎのために旅に出るのはこれで最後にしますが、こういうユルい旅行も悪くないですね。
楽しい旅でした。

沖縄旅行の話はこれでオシマイ。

2008年12月9日火曜日

沖縄(7)

前日の夕方着いたばかりなのに、翌朝もう出発です。
短い沖縄滞在でしたが、一人で楽しめるのはこれくらいでしょう。今度は家族とゆっくり来たいですね。


朝食は、那覇空港のA&Wで。
本土にはないアメリカ生まれのハンバーガーチェーンで、アメリカンな味が好きなので今回の沖縄旅行の目玉商品の一つです。


マクドナルドみたいに朝専用のメニューだったらどうしようかと気がかりでしたが、ちゃんと普通のハンバーガーも売ってました。
来る前はアメリカンな肉タップリのバーガーが食べるつもりだったのですが、昨日もしっかり食べていて体重が心配なのでちょっとライト目のモッツァ・バーガーのセットにしました。

ドリンクは、好きじゃないのですがせっかくの機会なので、ルートビアをいただくことにしました。

ルートビアは、ドクターペッパー系の「これのどこがオイシイの?」という感じの相変わらず変な味でした。それはそれで良いとして...空港で売るにはちょっとサイズがデカいですね。帰りも窓際を予約したので、トイレが心配になる量でした。


野菜が入っていてもドレッシングなどハイカロリーな食材がふんだんに使われているので、これで500kcal超あります。でも、私はこういうハンバーガーが嫌いになれません。


少し時間がありましたが、1000マイルを投じてラウンジに入るほどでもなかったので、ターミナルビルを探索しました。


見学デッキに出ようとしたら、有料の上に閉まってました。有料といっても100円で、果たしてこの改札機のメンテナンス費分だけでも入場料収入があるのかなと人事ながら心配になる、何となく悲しい風景です。


Signetラウンジの隣の一般待合室でラウンジの無線LANをタダで利用して、昨日の搭乗マイルが加算されていることを確認したりしているうちに搭乗の時刻になりました。


離陸して電子機器使用のお許しが出たときには伊江島あたりを飛んでました。
小さい島なのに滑走路が3本もある不思議な島です。


飲み物の配給に来たのですが、ワインが飲みたくなったので500円支払ってワインをいただきました。おなじみのシャルドネです。


500円にはおつまみも含まれています。ラウンジなどに置いてあるものよりはグレードが高かったです。


アルコールが回ってうとうとしているうちに東京が近付いてきました。
伊豆大島と富士山のツーショットです。


強い偏西風の影響で、往きは3時間近く掛かったのに帰りは2時間ちょっとで羽田に戻ってきました。


翼よ今日もありがとう。

2008年12月7日日曜日

沖縄(6)

大した荷物ではありませんが、余計なものを宿に置いて那覇市街に出ました。
そういえば、ホテルの鍵が、普通の機械式の鍵で、かつ、外出時はフロントに預けてく方式でした。ちょっと時代遅れな感じでした。


ゆいレールの県庁前駅で降りると、そこはパレットくもじというショッピングビルです。屋外で歌謡ショーの準備が進んでました。


お約束の国際通りです。
沖縄には出張で何度か来る機会がありましたが、昼間は仕事しているワケでこういうところでショッピングは初めてです。


ベンチで矢吹丈が真っ白な灰になってました。ただ、この矢吹丈、色付きでした。ちょっと許せなかったのでモノクロに加工して掲載しました。


なかなかの賑わいです。


途中で何だか懐かしい感じのアーケードの入口が...
特にアテもない旅ですから、当然入ります。


昔、こんなアーケードがそこかしこにありましたよね。
なかなか賑わっているようですが、ずっと続いて欲しいですね<こういう場所。


中には市場がありました。
豚の足とか顔とか売ってて、ちょっと面白い場所でした。


2回はフードコートみたいな食堂になっていました。まだ晩御飯には少し早かったのでパス。


この後路地裏を歩き回ったのですが、既に日が暮れていて街灯も少ない路地で写真を撮るのは難しいので、写真が残ってません。

少し歩き回ってお腹が空いてきたところで、国際通りに戻って食べる場所を物色。
結局このてぃだがお一人様でも入りやい雰囲気だったのでここで晩御飯を食べることにしました。


そば定食です。沖縄そば、炊き込みご飯のほか、いかにも沖縄っぽいおかずが付いて1000円也。なかなかおいしゅうございました。


お腹一杯になったところで、宿に戻ることにしました。
パレットくもじでは、さきほどまで準備中だった歌謡ショーが始まってました。

2008年12月6日土曜日

沖縄旅行(5)

いよいよ沖縄に上陸です。


那覇空港ターミナルを出て通路を歩きます。
ランタナの花がきれいです。我が家の庭にも植えましたが、こんなに大きくないですし、この冬を越えられるかどうかも定かではありません。


鮮やかなブーゲンビリアです。やっぱり沖縄は南国です。


ホテルのある奥武山公園(おおのやまこうえん)までゆいレールを利用しました。土地勘のない旅行者にとってありがたい足です。高いし、遅いし、本数も10分に一本と少し少ないですが、ついつい他の交通手段を探すのを諦めてしまいます。


奥武山公園駅で降りて、ホテルまで歩きました。道沿いに立ってる家々も、どことなく本土の家とは雰囲気が違います。


泊まったのは、ホテルラッソエアポート。空港まで近いのと宿泊料が4200円と手頃なので、ここにしちゃいました。


部屋はこんな感じ。チェックインしてすぐに撮影するのを忘れたので、夜寝る前に撮りました。
特にワクワクするような要素は全然ありませんが、4200円で清潔で快適なベッドが確保できることに感謝すべきですね。ボウリング場ビューでした。

ただ、問題は予約確認メールに「全室高速無線LAN無料利用可!」とあったのに、電波が弱くて全然使えなかったこと。いまどきアンテナが1本しか立たない無線LANなんてありえません。多分次に沖縄来るときには別なホテルを利用すると思います。

荷物はそんなに持ってませんでしたが、パソコンやACアダプタなどを部屋に置いて、身軽になって少し待ち歩きを楽しむことにしました。(写真は夜ですが、出かけるときには17:00ちょっと前でした)

2008年12月5日金曜日

沖縄旅行(4)

沖縄旅行の記事も4話目なのに、まだ東京に居ます。
乗り物に乗ること自体が目的の不純な動機の旅ですから、ある程度仕方ないのですが...

とはいえ、朝早く出過ぎて長くなってしまった待ち時間もようやく終わりに近付き、搭乗の時刻が来ました。


Boeing 747-400Dです。
機材整備のトラブルで搭乗開始が20分ほど遅れました。席につくなりそれまでの疲れがどっと出て寝てしまい、気付いたときには離陸を始めようとしてました。


北向きに離陸してすぐに右に急旋回して南に向きを変えると、離陸したばかりの羽田空港がよく見えます。
まだ電子機器使用のお許しが出てませんが、たまらずデジカメのスイッチを入れてしまいました。


東扇島の工業地帯が見えましたが、横浜市街は霞んでて殆ど見えませんでした。


三浦半島の向こうに富士山が見えました。


どんどん富士山に近付きました。お約束の芦ノ湖と富士山です。


も一つ富士山です。
飛行機から富士山を見るのは初めてではありませんが、何度見ても美しい山です。地上で見てもとても美しいのですが、空から見る富士山は格別だと思ってます。

しばらくは静岡から紀伊半島の沖合いを飛んでましたが、以後は陸地が見えない退屈な時間帯です。しっかり爆睡しちゃいました。

そして...


沖縄まで来ました。


自分が乗ってる飛行機の影が大きくなてきて...


那覇空港に着きました。
出発の遅れに強い偏西風の影響もあって、30分ほど遅れての到着です。


花がきれいな空港です。南国に着いたことを実感させてくれます。