2008年11月30日日曜日

ケルン出張(5)

出張の仕事も一通り終わって、土曜日は移動日です。

当初は同行のOGさんがベルギーのリエージュからルクセンブルグを経てモーゼル川沿いにコブレンツに下って、そこからライン河沿いにフランクフルトに向かうコースを計画していて、それに付いてくつもりでした。しかし、前夜から雪が降ったり止んだりの天気で鉄道のダイヤにも乱れが出てました。前夜時点で一部列車に110分の遅れが生じてることに恐れをなして、ベネルクス大回りは断念し、市内を散策してから徐々にフランクフルトに向かうことにしました。(結局OGさんはモーゼルに向かいましたし、Iさんは長躯ローテンブルクまで行ったそうです)

まずは前夜に紛失した手袋の捜索に出ました。


緯度の高いこの国では日の出が遅いです。7時過ぎても薄暗い中を旧市街へ向かいます。


デジカメで前夜に写真を撮ったポイントを確認しながら前夜の即席を辿りますが、手袋は見つかりませんでした。


仕方がないので(?)、ライン河の反対側を散歩することにしました。対岸から見た旧市街です。


ケルンMesse/Deutz駅です。趣のある駅舎です。


Messe/Deutz駅から撮り鉄してみました。大聖堂と三複線の鉄橋をバックに入線してくる客車列車は鉄道写真の定番ですね。TEEは無理としてもせめてICくらいは撮りたかったところですが、寒くてじっと立ってるのはキツいです。手袋もないし...重厚間のあるRegioが撮れたところで風邪を引かないうちに早々に退散することにしました。


ケルン市内ではクリスマス市場の準備があちこちで行われてました。


大聖堂の隣にはローテンブルクの有名なクリスマスショップKathe Wohlfahrtの出店(でみせ)がありました。この店を目当てに朝早くローテンブルクに出かけたIさんに「ケルンにもあったぞ」と意地悪なメッセージを送ろうかと思いましたが、まだ準備中でした。


9時から大聖堂の塔に登れるとの情報を得て、大聖堂に行ってみたら塔への登り口がまだオープンしてません。よく見ると貼り紙がありました。ドイツ語はよくわかりませんが、どうやらこの日からオープン時間が12:30に変更になったようです。出直すことにしました。


大聖堂の中ではちょうど礼拝が行われていました。普段は出入自由な礼拝堂が、このときばかりは大勢のお坊さんが観光客が立ち入らないよう通せんぼしていました。しかし、エコーの良く効く大聖堂で巨大なパイプオルガンの伴奏で大勢の信者が斉唱する聖歌を聞いていると、クリスチャンではない私でさえ神々しさを感じました。このシチュエーションで人柄の良さそうなお坊さんから入信を勧められたらキッパリ断れる自信はありませんね。


一旦ホテルに戻ると、外は大雪です。ただ、雪がいつまでも降り続けるわけではなく、すぐにやんでしまいます。これなら、OGさんと旅に出た方がよかったかな?


チェックアウトしてホテルに荷物を預けてから同行者のうち旅に出なかったNさん、Sさん、ONさんとホテルの近くのBruce Leeというレストランへ。私は気付かなかったのですが、一部の出張メンバーの中で「気になる店」として話題になっていたそうです。


ドイツ語はよくわかりませんが、ランチバフェで3.45ユーロというなかなかお手頃なお値段。

ただ、メニューの左側の写真が気になります。


どうもお寿司のようですが、かなり創作的な感じがします。嫌な予感がしますが、今回の旅で食べ物で「ハズレ」を引いてないので、同行者とも協議して「話の種」にチャレンジすることにしました。

入店してみると、メニューにランチは「11:30~」と書いてあったのに、12:00時点でバフェカウンターには何も置いてありませんでした。「ハズレ」感がより高まってきました。一人だと腹が立つやら心細いやらで一つも楽しくありませんが、道連れが居るとこういう経験も旅の醍醐味として楽しむことができます。

中国系のウェイトレスによれば「土曜日は客足が遅いので、すこし遅めに料理を準備してるの。10分待ってね。」と。ワインを一杯もらって待つことにしました。


結局料理が8割がたバフェカウンターに揃ったのは20分後でした(よくあることですね)。あの写真の創作的なお寿司はディナーメニューだったそうで、中華風バフェでした。味は悪くありませんでした。ホッとした反面、創作的お寿司を体験できなかったのあ少し残念でした。




ワインで心拍数が高い状態で世界遺産ケルン大聖堂の塔に登りました。500段近い階段はホロ酔い状態ではちょっとキツかったですが、途中すれ違いで渋滞した関係で適宜休憩しながら何とか登りきりました。


空港へは14:53発のインターシティ(IC)2115列車。新幹線(ICE)ですと1時間で空港に着きますが、こちらはライン河沿いを2時間掛けて行きます。ケルン出張は3回目ですが、毎回このルートを利用してます。


以前ケルン中央駅を出てすぐの車両基地で103型電気機関車を見たのですが、今でもありました。今度は2台も!しかも、隣にTEEラインゴルトのドームカーがあります。一度走っているところを見たいです。


所々に雪が積もったライン河畔を眺めながら、同行者3名との酒盛りが続きます。今回は250ml瓶を6本。4名でフルボトル2本という計算になります。おいしゅうございました。


実はこのIC2115列車はフランクフルト空港は経由せず、そのままライン河沿いをシュトゥットガルトに向かうので、マインツで乗換が必要です。乗換時間が30分近くあったので、駅の外に出てみました。


マインツからはフツーの電車。


空港には出発の3時間前に到着。搭乗手続を済ませても搭乗まで2時間ほどあったのですが、今回はラウンジは使用不可。搭乗口付近のホールドルームにはトイレがないということで、空港内の食堂でブログの更新などやりながらワインをもう一杯。


帰りのフライトはシベリア経由の夜行便ということで、かねてから座りたいと思ってた左側の窓際へ。オーロラと我が家付近の景色を楽しみにしてたのですが、オーロラは睡魔に負けて眠っているうちに夜が明けてしまい、我が家付近は曇ってて何も見えず。トホホながら、無事帰ってこれたのは何よりです。

ケルンのお話はこれでおしまいです。

ケルン出張(4)


今回泊まったホテルは、Euro Garden。
ケルン中央駅から徒歩5分くらいの便利な場所にあります。大聖堂側と比べてうらびれた感じですが、夜歩きをためらってしまうほどではありません。電車で30分離れたデュッセルドルフで大きなイベントがあった関係で宿代が割高だったことを除けば満足です。
なお、このホテルのインターネット接続はT-Mobileの無線LANでした。電波の状態がやや悪くたまに途切れますが、30日で29.95ユーロの料金を支払うと、フランクフルト空港やドイツ国内各所のT-Mobile Hot Spotも利用できるので汎用性が高いです。

以前泊まったMercure Severinshofもそうでしたが、朝食が美味しかったので、記録に残しておきます。


チーズです。穴あきのスライスチーズはあっさりしていて美味しかったので、毎朝一枚食べてました。


ハムとコッテリ系のチーズにスモークサーモンです。写真に撮り忘れましたが、この近くにニシンの酢漬けがありました。これも毎朝一切れ食べてた定番品です。


フルーツです。朝一番に撮ったので、一揃い載ってますが、人気がある割りに補充が遅かったのがちょっと不満でした。


こちらはミックスフルーツにヨーグルト類。


これもヨーグルト類。


ヨーロッパでは朝食に暖かいものは出てこないと聞いていましたが、ちゃんと出てきます。ウェイトが気になってあまり取れなかったのが残念。


スクランブルエッグと焼きトマト。スクランブルエッグは火が通りすぎ。トマトは焼くと美味しいですね。毎朝一切れいただいてました。


「朝食にサラダを摂るのは日本人くらいだ」という話を時々聞きますが、ヨーロッパでも出てきます。日本以外でも「アリ」ですね。


パンとペストリー類です。


このカゴに入ったパンが焼きたてで美味しかった。


しつこくパンです。


ナッツにドライフルーツ。


そしてシリアル。
なかなか充実した朝食バフェでした。

2008年11月27日木曜日

ケルン出張(3)

週末に帰国したのですが、少し時差ぼけで、眠れません。
出張中は当然のことながら外食続きでしたので、訪れたレストランをまとめて記録に残すことにします。

到着した夜(日曜)に寄ったのがここ。ケルン中央駅の北徒歩5分くらいのところにある、トルコ料理屋さん。ただし、ピッツァやパスタもやってます。
店に入ってすぐのカウンターでオーダーするのですが、ファストフードではなくて、暖かい料理をテーブルまで運んでくれます。


メニューがドイツ語しかなかったので、何が出てくるかちょっとドキドキでしたが、なかなか美味しかったです。巨大なシシトウが印象的でした。


Shweinshaxeの翌日(火曜)、さすがにドイツ料理は遠慮モードだったので、トルコ料理屋さんの隣の中華へ。
店のスタッフも客も中華系で、しかも入店するなり八角の匂いがして、当たりの予感。酢豚が揚げてなくて変な感じでしたが、日本ではなかなか食べられない中華系の中華で美味でした。


水曜日は、出張先の人がまた晩御飯をご馳走してくれました。
場所は、中央駅からライン河の向かい岸のMesse/Deutz駅に隣接したレストラン。


駅に近いだけに、汽車の待ち時間にちょっと一杯という感じの客が多い店でした。


ドイツ風ジンギスカン鍋。帽子のような鍋にギザギザが付いていて、そのギザギザにお肉を引っ掛けて焼きます。


こちらはフォンデュ。ただし、ドイツの伝統料理ではないらしく、連れて行ってくれたドイツ人も「今夜が初めて」と。フォンデュといっても、チーズじゃなくて何かのだし汁にシーフードや肉や野菜を入れて煮ます。日本ならば、イワタニのカセットコンロの独壇場ですが、何故かこの店では旅館の一人鍋に使うような固形燃料。ちょっと火力が足りません。煮えたかどうだか微妙であまり美味しくありませんでした。ま、こういうのは味そのものよりも大勢で鍋を囲む体験を共有することが大事ですから、仔細は無視すべきでしょう。


トイレに中座したら、本当に駅の構内にありました。ドイツの駅には改札がないので、いきなりコンコースに出ちゃいます。これはコンコース側から撮った写真。


木曜日は2月にも行った、旧市街のドイツ料理屋さんに行きました。


前回は閑散としてましたが、今夜は盛況みたいで、二階に通されました。なかなか雰囲気がいいです。


美味しいモーゼルワインをいただきました。
日本人だけ5人で行ったのですが、皆で一皿ずつ頼んで、小皿をもらって中華風にシェアして食べました。Sauerbraten(仔牛の甘酸っぱ煮+芋餅付)、Wiener schnitzel(牛カツ)などのドイツ料理を少しずつ楽しみました。ここはオススメ。


金曜日も旧市街に。今度はHaxenhaus zum Rheingarten。金曜日の夜だけあって、混んでましたが何とか入れました。


これまたドイツの伝統的な料理屋さんのイメージ。雰囲気抜群です。


ビールは1メートル単位でオーダーします。1メートルでコップ10杯。


今度は日本人6名でしたが、また中華風にシェア。


ソーセージも1メートル単位。だけど、6人だと、一人当たり16cm。何とかなりますね。


"Haxenhaus"というだけあって、メイン料理はSweinshaxe。メニューには色んなバリエーションがありました。だけど、ちょっと焼きすぎ気味で、肉がパサパサしていたように感じました。私はFruehの方がジューシーで美味しかったように感じました。でも、ビールと合いますね<Sweinshaxe。


海外出張だと外食が多いですし、美味しいし、日本のレストランよりもボリュームタップリの場合が多く、いつも食べすぎちゃいます。腹ごなしに夜の旧市街を歩きますが、焼け石に水かも。

写真を撮りながら歩いているうちに、手袋片方なくしちゃいました(トホホ...)。