2008年5月20日火曜日

くまもとラーメン桂花

土曜日の夕方、渋谷に着いたときはキースジャレットの開園45分前。お腹が空いたので、簡単な食事ができる場所を探しながらBunkamuraへ向かって歩いてたら、路地に見慣れた看板を見つけました。

くまもとラーメンの桂花渋谷センター街店。カミさんの了解も得ずに迷わず入店。メニューだって迷いません。



ここの看板メニューの「太肉麺(たーろーめん)」です。
濃厚なとんこつスープ。麺はコシのあるストレートなものですが何故かスープがよく絡んでます。トッピングの主役はトロトロに煮込んだ豚バラ肉の角煮。山盛りの生キャベツが良い口直しです。
950円とラーメンとしては高めですが、満足度が高いです。

熊本のラーメンとの出会いは高校生のときでした。八代に居る叔母の家に遊びに行ったときに8歳年上の従兄弟が「日本一美味いラーメンを食べさせてやる」と近所のラーメン屋さんに連れて行ってくれました。とんこつスープといい、固めのストレート麺といい、東京のラーメンと全然違うので、「何だかなぁ」というのが率直な感想でした。しかし、熊本出身の父のDNAをしっかり受け継いでいたのでしょう。大学生のときにサークルの先輩に新宿アルタの裏手にある桂花を教えてもらって太肉麺を口にしてから、完全に虜になってしまいました。当時も決して安くはなかったのですが、何度も通いました。

茨城に就職した後も、出張の帰りに新宿に通りがかる都度、ここかC&Cカレー(こちらも強い習慣性あり)のどちらかに立ち寄ってましたが、ここ数年ご無沙汰してました。久しぶりに食べられて幸せ一杯です。

本日の体重:66.2kg (少しうれしい)

0 件のコメント: