2008年1月12日土曜日

Viansa Prindelo 2004

ずっと調子が悪いのですが、体調の問題でなくて、仕事が原因の精神的なものであることがわかってます。だけど、そんなことで崩れてしまっては元も子もありません。仕事は生活のためにするもので、生活が仕事で犠牲になるなんて、本末転倒です。少しウサを晴らすことにして、ワインを一本開けました。

Viansa Prindelo 2004



Viansa Winery & Italian Marketplace という、サンフランシスコからカリフォルニア・ワイン・カントリーに入ってすぐのLos Carnerosという地区の、しかも最もサンフランシスコ寄りにあるワイナリーです。名前が示すように、イタリア食材のマーケットも併設されています。小高い丘にあってCarneros地区の眺望がきれいな場所です。

場所的に、味よりも雰囲気のワイナリーかな、と思いましたが、このPrindeloというお酒、なかなかイケます。イタリア産のPRimitivo, カリフォルニア産のzINfanDELそしてまたイタリア産のteroldegOという三種の葡萄のブレンドで、名前も三種のハイブリッドとのこと。グラスに注いだ瞬間にベリーの香りが立ってきました。色はかなり濃い目で、フルボディ。フルーティな味わいにホンの少し酸味と渋味。フルーティなワインが好きな私にとっては、悪くありません。赤よりも白が好きなカミさんも、これまで飲んだ赤で最高の評価。なかなかよいワインでした。

満足度:90点 (美味しくて85点。Los Carnerosの美しい風景を思い出してプラス5点)

本日の体重:64.1kg (昨日はガウンを羽織ったフル装備状態。今夜は素っ裸で測定。)

0 件のコメント: