2007年11月23日金曜日

ダイエット

体重の話が出たところで、ダイエットの話です。

私は3月まで単身赴任していたのですが、その間生活が乱れ、体重は80kgを超えてました。怖くて体重計に乗ってなかったので単身赴任から戻った時点で何kgあったかわからないのですが、4月半ばの健診で80kgだったので多分4月頭で82kgは間違いなくあったはずです。

しかし、その後カミさんの厳しい食事制限で、9月には66kgくらいまで減りました。お医者様から「リバウンドしないように気をつければ、食事制限は緩和しても問題ないでしょう」との有難いお言葉があってから、食事制限は緩めたので、それ以降は横ばいが続いています。ただ、2度と食事制限をやりたくないので、体重だけは毎日測るようにしている訳です。

ダイエットの手段としては、運動と食事制限の二通りがありますが、運動だけで体重を落とすのは難しいと思います。体脂肪1kgは7000kcalに相当するそうです。自転車やジョギングで1時間に消費できるカロリーは300~400kcalくらいだそうですから、20時間くらい運動しないと1kg減らすことはできません。暑い時期に激しい運動を1時間くらいやると1kgくらい減ることがありますが、それは汗をかいたことによるもので給水したら元に戻ります。毎日1時間ずつジョギングをやるとして、雨の日や体調の悪い日もありますから、月に20日走って、丁度1kg減です。

一方、食事制限の場合は、一日の消費カロリーに対して少な目の食事を取ることになります。成人男性の場合の適正カロリーは2000kcalくらいですから、月に1kg減らすためには毎日233kcal減らして1767kcalくらいの食事をすればよい計算になります。233kcalというとご飯1膳よりも少し多いくらいです。3食で割れば1食あたり80kcal弱減らせばよい計算になります。卵一個分です。毎日1時間ジョギングするよりは随分楽になります。

ただ、気をつけなくてはならないのは外食です。ちょっとした定食でも1食あたり800~1000kcalあります。月に1kg落とすための目標の1767kcalの約半分です。残った分で残り2食をしのがなくてはなりませんから、結構ツラいです。特に私のように食べることが生きがいの人間には拷問のようなダイエットです。

もう一つ食事制限で気をつけなくてはならないのがリバウンドです。食事制限はツラいので、よほど強い精神力がない限りは長続きしません。「胃袋が小さくなるので小食でも満腹になる」とか「慣れれば空腹感がなくなる」なんて話も聞きましたが、私の場合は半年続けてもそのようになりませんでした。これは個人差があるようです。「緩和しても問題なし」とのお医者様のコメントを頂戴したその日から、ストイックに我慢することはできなくなりました。

幸いリバウンドせずに済んでいるのは、毎日体重を測っていること、あまり我慢はしないものの間食のカロリーは常に意識していること(残業用のおやつを買うときは、カロリー表示を必ず確認します)、そして適度な運動をしているからだと思います。運動をすることで筋肉量が増え、基礎代謝(何もしなくても生きているだけで消費するカロリー)が増えます。先ほど「運動だけでは難しい」と言いましたが、ダイエットに運動は必要だと思います。

一つしかない大事な体です。これから先も、食べ過ぎないよう注意するとともに適度な運動で、太り過ぎないように気をつけたいものです。

本日の体重:65.1kg

0 件のコメント: