2009年2月28日土曜日

Perfumeファン歴2ヶ月記念武道館ライブ再見

昨年暮れにNHK BS-2でPerfumeの武道館ライブを観て以来Perfumeの虜となってから2ヶ月が経ちました。少しは冷めるかなと思ってたのですが、今のところその兆候は感じられません。

それはとにかくとして、素晴らしい3人のファンになって2ヶ月という区切りを迎えたので、これを記念してそのきっかけとなった武道館のライブ映像をもう一度観て、初めて観たときの思い出を再現し、Blogに記録しておくことにしました。


[動画はPuppy Love]

この放送を見る前までPerfumeに対して感じていたこと言えば...

(1) リサイクルのCMに出演してたちょっと今風の三人組。
(2) TVの歌番組に「ポリリズム」で出演してたとき口パクだった。それから一人話し方が変なのが居た(膝丈ワンピースの娘)。
(3) AUの携帯電話のCMにも出てた。サビの曲調が「ポリリズム」に似た感じがするが、どうも違う曲らしい。ちょっとカッコイイかも。

...といった程度。
三人の愛称も中田ヤスタカの名前も知らない状態。

HDDに録画した理由は正直のところ思い出せません。強いて言えば「何か新しい音楽聞きたいな」と感じていたところに「ちょっとカッコイイかも」と感じることができたのがきっかけで、HDDレコーダの予約ボタンを押したのではないかと思います。

で、放送は始まります。

--

開演前に三人がスタッフに丁寧に挨拶しながら舞台に向かうところから円陣を組んで「ガンバロー!」「オー!」を四回繰り返すあたりにかけて、「なかなか礼儀正しくて、チームを大事にする娘たちなのね」と好感度ポイントを少し獲得。

「コンピューターシティ」
 この曲が退屈だったら、最後まで観なかったと思います。そういう意味では大事な出会いを提供してくれた曲ということになります。
 低音が少し強調された音響で「ドン・ドン・ドン・ドン」と規則正しいリズムに乗って、可愛らしくてコミカルなダンス。なかなかご機嫌な曲は「絶対故障だ~」で中断されてしまいます。「何コレ?」

「Perfumeのプロフィール紹介」
 「ポリリズム」でブレークする前の歴史が長いことを初めて知らされる。
 「スイートドーナッツ」のPVなんて、まだ幼い少女そのもの。こんな頃から下積みやってたんだ...
 ここで好感度が大幅UP。

「エレクトロワールド」
 同じような感じの曲に、少し難易度が高そうだけどどことなくコミカルなダンス。そして、グーパンチが可愛い。

「MC」
 丁寧なお辞儀からファンに対する特別な気持ちがよく感じ取れる。
 さきほどのプロフィール紹介で彼女達が一朝一夕で武道館まで来れたわけではなさそうだと思ったが、「私達の場合は何年もかかったから」との一言で答え合わせ。
 ここでも好感度大幅UP。

「Love The World」
 あ、AUのCMの曲だ。なかなかビートが利いててよろしい。いい曲じゃん。

「マカロニ」
 初めて聞いたオジサンには「これくら~いのか~んじで」がどんな感じなのかよく理解できないのに「たぶんちょうどいいよね」と何となく同意できてしまう不思議な曲。ショートボブに短パンの娘の踊りがカッコ良いし、ストレートロングヘアに眼が半月型の娘が細くて長い腕を「やわらかいよねぇ」とプニプニする仕草が何とも可愛らしいし、膝丈ワンピースの娘が観客席に笑顔を振りまいてるのが好感度高い。
 これがこのライブの最大のお気に入りになる。

(中略)

 こんな感じで、ライブは楽しく進んだ訳ですが、

「アンコールのMC」
 膝丈ワンピース娘の「ありがとうって言葉のね、それ以上の言葉があったら良いんですけど...」という言葉で私のPerfumeに対する好感度メーターが振り切ってしまいました。
 あとは、「Wonder2」まであっという間に時間は過ぎました。

 いいグループに出会うことができた、という幸福感に満ちて。

--

 ライブが終わったら、WikiPediaをはじめとするWWWに掲載されている彼女達の情報を貪るように集めました。

 そうやって徐々に深みに嵌りながら、今の状態がある訳です。

 武道館ライブは何度も観ましたが、その日の気分に合わせて見たいところだけ「つまみ食い」するような見方ばかりだったので、通しで見たのは久しぶりです。

 最初に観たときも素晴らしいライブだと思いました。しかし、2ヶ月間Perfumeに思いを寄せ続けた後で再度見直してみると、更に味わい深い幸福感に満ちたライブであったことが理解できました。

 やっぱりPerfumeは素晴らしい。死ぬまでに一度はライブを見に行こう。そう心に誓った私でした。

0 件のコメント: