2008年2月18日月曜日

Antonin Rodet Bourgogne Pinot Noir 2005



先週は、Pinot Noirが飲みたい衝動に駆られたので、週末はやまやで買ってきちゃいました。今回はフルボトルで。Antonin RodetのPinot Noirが4種類くらい置いてありましたが、カミさんと一緒で高価なものは買えない状況だったので、一番安いやつ。1780円也。

グラスに注ぐと透明感のあるバイオレット。この辺でワクワクしてきます。あまり熟してないイチゴのような仄かな甘みと存在感があるけど尖ってない酸味。「Pinot Noir=3000円以上のお酒」というイメージがあったのでちょっと心細かったのですが、十分美味しいじゃないですか。最近ボトルで1000円くらいのワインばかり飲んでいるので、美味しいと感じるハードルがググッと下がっていることもあると思いますが。それとも、ブルゴーニュがPinot Noirの本場なので、安いものでもそんじょそこらのPinotとは格が違うということですかね。

ただ、残りを翌日飲んだら少し酸味が強すぎる感じ。赤は翌日の方が美味しいことが多いのですが、この辺が安物の弱みなのかもしれません。

何はともあれ、楽しみました。また、Pinotが飲みたいです。

本日の体重: 64.4kg

0 件のコメント: