2008年2月22日金曜日

千住真理子コンサート

金曜日の夜は千住真理子のコンサートを聴きに行きました。12月の矢野顕子コンサート以来のシビックセンターです。
このホールは客席800名くらいのこじんまりとしたコンサートホール。どの席で聞いても良い音が聴けそうです。このホールでストラディヴァリウス・デュランティがどういう音を奏でるのか、ワクワクします。

コンサートは、2分~5分程度の小品を、前半は無伴奏、休憩を挟んで後半はピアノ伴奏で演奏してくれました。バイオリンのソロコンサート自体が初めてだったので、楽器の良し悪しを聞き分けることなどできる訳もありませんが、力強い低音、透明感のある高音、どちらも素敵に響いてくれました。アンコールのG線上のアリアとグノーのアベ・マリアまで心に染み入る演奏でした。大満足です。

このホールがすっかり気に入ったのですが、入口で配布された今後のイベント情報を見ると、今ひとつパッとしません。地方のハコ物行政の困ったところは、血税を注いでこれだけ立派なホールを作っても、殆ど活用されないこと。今日のコンサートは切符が完売したそうなので、それなりに需要はあるはずです。もっと色々なイベントをやって欲しいです。

本日の体重:65.5kg

0 件のコメント: