2008年2月15日金曜日

ベトナム料理 Lan Butan

咳は寝込むほどではありませんが、エヘン虫の気配に満ちています。ここ数年風邪を引くと咳が止まない状態が2~3ヶ月続くことが多く(少なくとも3年連続)、気になって仕方ありません。思い切って会社を休んで医者に診てもらうことにしました。

歩いて10分くらいのところに市内で一番大きな病院があるので、そこへ行きました。ただ、咳が悪化しそうだったので、車で。無用にCO2を撒き散らすことに罪悪感を感じますが、自分の体がカワイイ。

診てくださった先生は、長い時間をかけて丁寧に問診と聴診をやってくれました。診断結果は次の通りでした。
・一番懸念していた肺炎や喘息の類ではない。
・風邪を引いてから2~3ヶ月咳が出やすくなることは、よくあることで、そのまま放置しても特に支障はない。風邪も引いてないのに咳が出る場合、痰が変な色の場合、春になっても治らない場合は、精密な検査が必要になるかもしれないが。
・日常生活は運動も含めてよほど咳が激しく出るとき以外は普通にやっててよい。
・薬を処方することは可能だが症状を緩和するだけで取り除くことはできず、生活や睡眠に支障しない限りはお勧めしない。
・納得できない場合は、院内の呼吸器内科専門医による精密検査を受けることも可能だが、症状から察して同じ結論となる可能性が高い。

まずは、大した病気でないことがわかり、ホッとしました。しかし、このうっとおしい咳を完全に治す方法がないということがわかり、とても残念です。とはいえ、大した病気でないことを喜ぶことにします。

予想外に早く診てもらえたので、会社のフレックスタイムに十分間に合う時間でしたが、せっかくお休みを取ったので、免許の住所変更とか銀行の届出やエアコンの発注など、延ばし延ばしにしていたことを、済ませることにしました。

お昼は、日立駅前のイトーヨーカドーの駐車場の近くにある、ベトナム料理 Lan Butan (ランブータン)にしました。ここは、以前ヨーカドーに車で来たときに見つけて生きたかったところです。
平日の昼間なので、ランチセットがあります。メニューが入口の黒板に書いてありました。
私はオーソドックスにフォー・ガー(鶏肉麺)。パクチーは人によって好き嫌いが分かれるところなので希望者だけに出すシステムになっています。所望してみたら、非常に少量だけ別なお皿に盛って出されました。以前海外(ベトナムじゃない)でフォーを食べたときに付いてきた雑草のような植物は付いてきませんでした。別に好きな訳ではないのですが、何となく損した気分です。

米の麺はツルツルシコシコでとても美味しかったです。スープは、前述の海外で食べたフォーに比べて、良く言えばクセがない、悪く言えばベトナムっぽさを抑えた、ベトナム料理に馴染みがない人でも抵抗なく食べられる味付けになっていました。テーブルに乗ってる調味料をあれこれ足している内に、少しベトナムっぽく感じられる味になりました。

カミさんは唐揚のランチ。少し甘さと酸味が入っている独特な味付けがされてますが、同様に初めてでも抵抗なく食べられる感じでした。ベトナム料理初体験のカミさんも、問題なく完食しました。

総じて、ちょっと日本人向けのアレンジが強すぎる感じがしましたが、地方都市である程度の来店者を確保するにはあまり過激でない方が賢明かもしれません。食べることが大好きな私にとっては、こういう店が町から消えてしまう方が怖いので、これはこれで良いかなと思います。

ベトナム料理 Lan Butan
日立市幸町1-7-1
0294-23-2030

本日の体重;64.5kg

0 件のコメント: