2008年2月10日日曜日

失敗!

巷で冷凍餃子が社会問題になっていますが、こう毎日毎日何度も何度も「餃子」という単語を耳にしますと、どうしても食べたくなってしまいます。

そこで、土曜日の晩御飯は1ヶ月ちょっとぶりに餃子を自作することにしました。お昼はお弁当だったし。

フードプロセッサで強力粉に塩とごま油少々と熱湯を加えてをこねて皮の生地を作り、野菜を切り刻みました。お肉も肩ロースのかたまりをミンチにしました。どこの部位だかわからない肉を挽いたひき肉よりも安心ですから。

で、36個分の材料で作ったので、生地を36等分(ばらつきあり)して、伸ばして皮を作りました。このとき打ち粉に使った薄力粉が少し余ったので、水に溶いて「ハネ」付餃子を作るのに活用することにしました。

皮にアンを詰めて、12個を水餃子にして、残り24個を焼くことにしました(ウチは私もカミさんも倅も全員焼き餃子の方が好き)。

ところが、焼き餃子が大失敗。水溶き薄力粉が濃すぎたみたいで、フライパンの中で「葛湯」状態となり、フライパンの中に水分が回らず、上半分の皮は生のままで底面はジリジリ焦げてしまいました。一度はそのまま食べようとしましたが、アンには火が通ってるものの、生の皮が美味しくありません。ということで、再度上半分を焼きなおしましたが、焦げた底面を剥がしながら食べる餃子はあまり美味しくありませんでした。

不幸中の幸いは水餃子が美味しかったこと。手作りの皮がモチモチっとしてて美味でした。

しかし、失敗は悔しい。近いうちにリベンジします。

本日(2/10)の体重:64.9kg (すげーやばい)

0 件のコメント: