2009年3月12日木曜日

何でこんなにはしゃいでるのかな?

私の中のワンルーム・ディスコ祭りは、とどまるところを知りません。

何でかなと自問自答してみました。

2年前の単身赴任生活が、この歌に特別な思いを抱かせていることは間違いありません。

ですが、もっと大きいのは、Perfumeの「現在」に少しずつ近づいているから、だと思います。

昨年暮にNHKで見た武道館ライブはその時点でPerfumeの2ヶ月前の「過去」でした。以後、動画サイトやファンサイトで見たPerfumeは更に「過去」。

で、今エンドレスで聴いてるワンルーム・ディスコは、つい2週間までごく一部の関係者以外聴いたことのなかった、「新しい」Perfumeな訳です。

他のファンサイトでも、写真を見て、着うたを聴いて、FM放送を聴いて、めざましTVでPVのさわりを見て、そしてYahoo動画のPVを見て、一喜一憂している人が大勢居ます。少なくとも多くのファンに取って「現在」のPerfumeがここにある訳です。

ただ、これらも既にPerfumeに取っては「過去」だったりします。

本当にPerfumeの「現在」に触れたいならば、ライブに行くしかありませんね。ライブは、演者と観客がつかの間の「現在」を共有する、きわめて稀な機会です。演者が観客に感動を与え、感動した観客のリアクションに演者が応える...そんな双方向のやり取りが楽しめるのがライブの醍醐味です。先週末、近所の小さなライブハウスで、私は確かに「神」と呼ばれるドラマーとそういう時間をすごすことができました。今度は、Perfumeとそんな時間がすごしたい。ものすごく遠くても良い。柱や舞台装置の陰になって殆ど彼女達が見えない場所でも良い。とにかく、5月の第二週末の代々木に居たい。

そんな気持ちがますます強まっていきます。

4 件のコメント:

つくつく さんのコメント...

こんばんは。

僕も、アルバム[GAME]以降の新参なので、
love the worldが出た時は、
少し追いつけたような気がしてうれしかったです。
新曲は、誰にでも新曲ですもんね。

live行ってみたいですね。
代々木は無理そうなので、
「贖罪ツアー」(笑)
やってほしいですね。

massasue さんのコメント...

つくつくさん、コメントありがとうございます。

>新曲は、誰にでも新曲ですもんね。

これがミソですね。
これが年甲斐もなくはしゃいでる最大の原因だと思います。

>「贖罪ツアー」(笑)

彼女たちはプライベートも大事にしてるみたいだし、スタッフやファンもそれを応援しているみたいなところがあるので実現難しいかもしれませんね。

でも、いつかは実現することを期待してます。気長に待ちましょう。

エフジューじゃけん さんのコメント...

こんにちは。

黒猫堂さんのところでは、お名前を使わせてせて頂き、
失礼致しました。

このところたまたま、ドラムを意識してネットの音楽系動画を見てるんですが、massasueさんが紹介されてた、神保彰さんの動画にも出くわしました。
演奏よりも、準備が数倍大変そう!
譜面全体を見渡す、オーケストラの指揮者やアレンジャーの様な印象を受けました。

私の印象的なドラマーは、古く17,8年前の(大汗) 坂本龍一のツアーに参加した、マヌ・カチェという人です。
TVで見た彼のプレイは、パーカッションの様に軽やかで、かつ、とてもタイトだった記憶があります。
年齢とともに、アンテナ張らなくなってますです。(...汗)

長文、失礼しました。
blogの更新、楽しみにしています。

massasue さんのコメント...

エフジューじゃけんさん、

コメントありがとうございます。

また、私の変なコメントを引用くださり、ありがとうございます。あの駄文が他の方のアンテナに少しでも引っかかったということだけでも嬉しいです。

ご覧の通り、田舎者の自己満足なブログですが、Perfumeのファンの方のサイトへの書き込みを機会に自分のブログにも少しずつですがコメントをいただくようになり、Perfumeの恩恵が更に増えているような感じがしています。

Manu Katché、早速YouTubeで見ました。以前は「○○の○○っていう曲、カッコイイよ」とか教えてもらってもその場で確認のしようがなくてリアクションに困ったものですが、今は簡単に代表的なパフォーマンスを見聞きすることができます。便利な世の中になりました。

なかなかカッコイイですね。嫌いじゃないです、こういうジャズ。ご紹介ありがとうございます。