2008年3月15日土曜日

ケルン出張(8)ANA210便フランクフルト発成田行

出張も残りはフランクフルト空港から日本へ戻るだけです。

行きの飛行機は通路側だったのですが、何故か帰りの飛行機の座席が確定していませんでした。インターネットで座席を指定しようとしたら、通路側は全部塞がっていました。

で、チェックインしたら無情にも「52B」という座席番号。窓際でも通路側でもない3人掛けの真ん中席です。帰りの飛行時間は11時間。ずっとサンドイッチ状態です。トホホ…。

気を取り直して免税店でお土産を買い込んでから、失効間近のスターアライアンスゴールド会員特典でラウンジに入りました。ルフトハンザのラウンジですが、何だか妙に庶民的な雰囲気です。

まずは、ワインとおつまみにピーナッツ。この後、ラウンジ内を探索してみたら、ラビオリ入りスープ、ボイルドソーセージにポテトなど、食べ物が充実してました。
もしかしたら、席を替えてもらえるかなとのかすかな期待を抱いて、少し早めに搭乗口に行きましたが、何も起こりませんでした。せめて、荷物の置き場に困らぬよう、スターアライアンスゴールド会員としての最後の特典の優先搭乗でいち早く飛行機に乗り込みました。


最初のドリンクサービスでは例によって白ワインを所望。今回は自由にトイレに立てないので、これ一本だけにしておきます。

前菜はイカとカニカマ入りのサラダとオリーブの実。悪くありません。

メインはチキン。これも普通に美味しかったです。デザートはハーゲンダッツではなくチョコレートムースでした。

映画は「像の背中」。最近、この手の映画で涙をこらえることができず、恥も外聞もなくボロボロに泣きながら見ました。こういう家族愛がテーマの映画を見ると、むしょうにカミさんが恋しくなります。もうすぐ会えるのにね。

一眠りして、今回の出張のブログの最初の3話くらいを書いているうちに、随分日本に近付いてきました。

二つ目の食事です。日本時間だと少し遅めの昼ごはんになります。ペロリと平らげてしまいました。

更にブログ1話分を入れたところで「ただいま会津盆地の上空を飛行中。間もなく機内のオーディオ・ビデオサービスを終了します。」との機内アナウンス。じきに電子機器使用禁止になるので、パソコンを落として横目でボーッと窓の外を眺めていました。

しばらくすると、見慣れた地形が見えてきました。12月まで住んでた常陸太田です。窓際の人の迷惑もかえりみずに写真撮影に興じます。左側の市街地は常陸太田の中心街の鯨が丘と東西バイパス沿いの町並み。肉眼ではその上に旧居のあった住宅団地も見えたのですが、写真では何だか黒っぽいグチャグチャにしか見えず残念。その近くの工業団地はしっかり写ってます。右側には久慈川が太平洋に注ぎ込むのが見えます。

那珂市の上空あたりで飛行機は左(東)に旋回してくれたので、日立市南部がよく見えました。私が勤めている会社の建物もしっかり捕えることができました。もう大興奮で窓際に身を乗り出しっぱなしです。52Aの方、本当にごめんなさい。
飛行機は一旦、太平洋上に出てから北浦の上空あたりで陸の上に戻り、ほどなく成田空港に着陸しました。

それから、飛行機で20分程度の道のりをバスで3時間半掛けて日立市に戻って、ブログを初めて最初の海外の旅が終わりました。仕事のための移動とはいえ、数少ない時間を使って個人的な楽しみを結構満喫できました。

今回の旅に味を添えてくれたのが、スターアライアンスゴールド会員の特典でしたが、もう2008年2月29日。翌日にはただのプラスチック板になってしまいます。これから飛行機に乗るときは、ラウンジも優先搭乗も荷物の優先取り扱いもナシです。元の状態に戻っただけですが、ちょっと寂しいです。

4泊6日のケルン出張の話はこれでオシマイです。長々とつまらない旅の思い出話にお付き合いありがとうございました。

本日の体重:66.1kg (!)

0 件のコメント: