2008年3月14日金曜日

渡辺貞夫クインテット


今夜は日立シビックセンターで渡辺貞夫コンサートに行ってきました。
学生時代は、カリフォルニアシャワーとかモーニングアイランドとか、レコード(CDじゃなくて)を擦り切れるほど聞いてましたが、その後20年以上も遠ざかってました。
先月聞いた千住真理子のコンサートとセットで5000円と格安だったので、勢いで買っちゃいました。甚だ失礼ながらコンサート前に一曲も聴かずに行ったのですが、いやいや大感激。知ってる曲は「いそしぎ(The Shadow of Your Smile)」だけで、残りは初めて聞く曲ばかりでしたが比較的とっつきやすい曲ばかりで、ジャズを堪能しました。地方都市でやるジャズコンサートはこうでなくちゃ。

メンバーの経歴を見ると、何とナベサダさんは75歳!ジャズだと、他の人のソロで休憩できるから、半分以上はサポートメンバーのソロかな と思ったら大違い。伸びのあるサックスの音からは年齢は全然感じられませんでした。ボキャ貧ですが「スゴい」という言葉しか出てきません。

<メンバー表>
渡辺 貞夫 (アルト・サックス、フルート)
小野塚 晃(ピアノ)
納 浩一(ベース)
石川 雅春(ドラムス)
ンジャセ ニャン(パーカッション)

サポートメンバーも皆「さすがプロ」という感じで、各人のソロも楽しめました。ピアノもベースもドラムもパーカッションもカッコイイ。文句ナシ。

1時間20分くらい とちょっと短めのコンサートでしたが、大満足でした。
いや、不満があるとすれば、ご機嫌なジャズを聴きながらお酒が飲めないことですね。ま、ナベサダのライブをお酒を飲みながら聞きたいと思ったら、カバーチャージとお酒代で一万円を軽く超えるとは思いますが。

家に帰って大人の夜に乾杯です。

本日の体重:64.5kg

0 件のコメント: