2008年3月30日日曜日

春の散歩

今日はカミさんと市内を散歩してみました。
近所のグラウンドで。金曜日よりも開いている花が増えました。

アップです。やはり桜の花は美しいです。

日立市内の桜の名所、平和通りも咲いてますが、まだ三分咲きといったところ。来週末のさくら祭りのときには散り始めの一番美しい状態になりそうです。

この後、寂れる一方の日立銀座などをブラブラしているうちにお昼になったので、イトーヨーカドー近くの「ダイニングバー」というお店で昼食を取りました。お店の種類じゃなくて名前です。休日でも平日と同じランチなのは良心的です。

私は海鮮丼を、カミさんは寿司定食(上)を頼みました。海鮮丼は若者向けのボリュームですね。残しちゃいました。ネタもマズい訳じゃないのですが、わざわざ食べに行きたくなるような魅力は感じられませんでした。カミさんの寿司定食(上)も他のお客さんが食べてる普通の寿司定食に比べて高そうなネタが使われているように見えますが、今ひとつ値段の差の分だけ美味しそうには見えません。というか、普通の寿司定食で十分美味しそうに見えます。ということで、650円の普通の寿司定食ならば、価格とバリューがマッチして利用価値が出てくるかもしれません。

とは言え、次、この辺で空腹になったらこの店の1回の洋食屋(店名失念)にします。

駅の海側に出たら、もう日立バイパスが開通してました。前日の3月29日が開通の日だったようです。
日立バイパスと国道245号線が交わる交差点です。何故か写真の右側は横断歩道がありません。国道245号からバイパスに流れる交通流の妨げになる歩行者を排除しようという考え方ですね。歩行者に対する思いやりの無さに不愉快な気持ちになります。
よくよく見てビックリ。自転車通行禁止の標識が出ています。この手前の区間(鶴首アクセスから北)は自転車OKだったのに、新規に開通した区間は禁止にしたようです。信号に引っかかったときのストレスは自動車だけでなく自転車でも同じか、人力で加速する乗り物である分だけ自転車の方が強いくらいです。だから、信号の多い市街地を迂回できるバイパスは自転車乗りにとっても楽しみだったのですが、これではあんまりです。横断歩道の件も含めて、何らかの形で道路の管理元に苦言を呈したいと思います。

気を取り直して、池の川のサンユーで買い物をして家に着いたときには、1万6千歩歩いてました。何よりも駐車場の心配をせずにあちこちの道に寄り道したり、風に季節の香りを感じたりしながらゆったりとした時間を楽しめるのはこの上ない贅沢です。

歩いて5分くらいしか掛からない池の川のサンユーでも車で出かけるカミさんも、少しは歩くようになってくれるかな?

本日の体重:66.0kg

0 件のコメント: